第2話 衝撃的な事実

1/11
62人が本棚に入れています
本棚に追加
/92ページ

第2話 衝撃的な事実

仕事が忙しいのは今日まで。 と言っても、たった2日間だったのだが、その忙しい日々が、ようやく終わった。 帰りはやっぱり遅くなったし疲れてもいたけれど、仕事の達成感で昨日よりは気分がいい。 「ただいまー」 またコンビニでお弁当を買って帰った私は、いつも通り、荷物を置いてから手を洗ってうがいをして着替えようとした。 「えっ……」 ふと視界に入った机の上に、マリーが居ない。 驚いてマリーが居たはずのタオルの上に手をやると、ぬるっとした感触がして、すぐに手をひっこめた。 何……これ……? その瞬間、昨日マリーが泣くと溶けちゃうと言った事を思い出した。 「マリー……? ねぇ、マリー! 大丈夫!? マリー!?」 必死にそう叫ぶと、タオルの上でゆっくりと何かが動き出し、昨日と同様に形を作り始めた。 「……さきぃ……」 瞳に涙をいっぱい浮かべ、その朱くてつぶらな瞳は私を見上げた。 「ごめんね、マリー……。ごめん……」 私はそんなマリーの小さな体を優しく抱きしめた。 あぁ、夢なんかじゃなかったんだ。 この子はこうしてここに居る。 体だって、ちゃんと暖かくて……。
/92ページ

最初のコメントを投稿しよう!