第3話 マリーは凄い!

1/6
64人が本棚に入れています
本棚に追加
/86

第3話 マリーは凄い!

翌朝、私は起きてすぐに机の上を見た。 すると、そこにはやはりうさぎのぬいぐるみがタオルを掛けて寝ていて…。 「マリー?」 そう呼びかけてみたが、何も反応はない。 だけど、あれは夢なんかじゃなく、現実だ。 このぬいぐるみがあのマリーなのだという事は確かだと思う。 もしまだ寝ているのなら…、そう思った私は、マリーをそのままの状態にして、時間が解るように目覚まし時計をマリーのそばに置いてあげて、仕事に出かけた。 何がきっかけでぬいぐるみになり、何がきっかけで動き回っていたあの姿になるのか、全く見当がつかなかった私は、仕事中ずっとその事ばかり考えていた。 そして、帰ったらマリーに必要なものをいろいろ用意してあげたいなと思った。
/86

最初のコメントを投稿しよう!