第4話 マリーの優しさ

10/10
55人が本棚に入れています
本棚に追加
/94ページ
「まりたちは……、それがあるかどうか、わかんない。でも、それ……、かなしい……」 その朱い瞳に再び涙が滲み出す。 しかし、マリーは必死に堪えているようだった。 「マリー……」 「まり、ずっとあえないなんて、やだ。しゅぎょー、がんばって、またあのこに、あうんだもん」 「そうだね」 頑張って泣かないようにして話している様子のマリーは、とてもいじらしく見えた。 「あのこだけじゃないよ。いままでいっしょにいたこたち、みんなと、またいっしょにあそびたい。みんなで、ふわふわのおうちで……。それがね、まりの、ゆめなんだ!」 そう話すマリーは、さっきまで泣きそうだったとは思えないくらい、とっても明るい笑顔を見せていた。 「さき……。だいじなひとともうあえないって、まり、かんがえたことなかったからわかんないけど、きっと、すっごーく、かなしいし、さみしいよね? さき、どうしたらげんきになる?」 「……こういう時ってね、暫くは悲しくて仕方がない日が続くけど、いつかそのうち元気になれる日が来るんだ」 「いつか? ……いつ?」 「それは、解らないんだ。でも、なるべく早く元気になるようにするね。ありがとう、マリー」 首を傾げて私を見つめるマリーが、とても愛おしく見えた。 まだ出逢って数日なのに、こんなに私の事を考えてくれて、私もマリーにできる限りの事をしてあげたいなんて思ってしまっている。 そんな関係がとても不思議だった。
/94ページ

最初のコメントを投稿しよう!