最後のひと口、難しい匙加減

17/18
152人が本棚に入れています
本棚に追加
/407ページ
    「デート」のつもりで電車に乗るせいか、緊張した面持ちの瑞希。混んでくる時間帯だから、2人して入り口近くに立っていた。降りる駅は4つほど先だ。 「で、お店は決めたの」 「とりあえず、レストラン街みたいなとこに行ってから決めない?」 「ああ、いいよ」  電車が走る音がお互いの声をかき消す。瑞希は咄嗟に口をつぐんだ。上手く彼に話しかけられない。  むっと口をつぐむ瑞希に、彼も察したように黙って携帯を見始めた。  幸いそこまで長い時間かからずに降りられた。  歩き出そうとする瑞希を、彼が呼んだ。 「瑞希」  それはちょっと恥じらいだように。言い慣れてなさそうに。 「どしたの」  瑞希が振り返ってみると、彼が携帯を見せてくれた。 「ここがいいな」  さっき携帯をいじっていたけれど、どうもお店を見ていたらしい。 「あたしの言ったことまるで忘れたの」 「あれ、こういうの好きじゃない?」 「ううん」  彼の手元を覗き込むので自然と懐にすり寄っていた。人が流れてくるホームで人を避けようとしてさらに自然とくっついている。 「普通に好き。……ならそれでいい」 「ん。俺お腹空いたんだよね。お店探してぐるぐる歩き回りたくないし」 「――ね、それってもっと早く言うことじゃなかった?」 「ん? いやー、何となく携帯で探してたら急にお腹空いて来ちゃったんだよね」  瑞希は何それ、と苦笑いした。 「あおむしなの、あんた」 「何? はらぺこだからって? フフ」 「もう、笑ってないで、早く行こうって」 「はいはい。ちょうど人も捌けたしね」  そこまで計算していたのだろうか。だとすると、ただただ健気だ、とも言えない。瑞希の提案をあっさり打ち消して、空気が読めない困った子だとも言えない。  自身の都合に合わせて振る舞うふりをして瑞希のことをよく見ている、ちょっと遠回りな優しさ。いつの間にか自分のことを包んでくれる温かさ。コーヒーにミルクを入れると色が薄くなるが、何だかそれみたいだと彼女は感じる。自分は優しさに包まれて色を変えられるのだと。  ところで、やはりアイスを入れた場合とどう違うのかは彼女には分からない。  瑞希から手を取って一緒に階段を下りて出口に向かう。
/407ページ

最初のコメントを投稿しよう!