父への恋心

1/3
1615人が本棚に入れています
本棚に追加
/177ページ

父への恋心

あれから、なぜか柊さんと上手く話せない。 好きだと自覚すると、目も合わせられなくて、柊さんに対して素っ気ない態度を取ってしまっている。 「おはよう、夏」 「・・・おはようございます」 「今日は接待で遅くなるから、夕飯ひとりだけど大丈夫そう?」 「はい。だいじょうぶです」 「じゃあ、行ってきます」 「いってらっしゃい」 ああ~、こんな態度取りたいわけじゃないのに、本当は、いってらっしゃいのハグとかしたいくらいなのに! 柊さんは、俺の態度になんの疑問も無さそうだし・・・思春期とでも思ってんだろうな。俺って、やっぱガキだ・・・
/177ページ

最初のコメントを投稿しよう!