父の職場
全5/22エピソード・完結
16/177

父の職場

電車で二駅、駅から歩いて10分程の所に柊さんの会社が入っているビルがあった。 オフィスは7階か・・・ エレベーターにのって、7階で降りる。 「柊さん、会社、着きました」 『待ってて、今開けるから』 入口がガラス張りになっていて、部屋の奥から柊さんが早足で来るのが見えた。 「夏、休日なのにごめんな」 「特に予定も無いんでだいじょぶですよ、はい、これ」 「助かった、ありがとう!」 封筒を渡すと、柊さんが俺の頭をぽんぽんと撫でる。 ぐ・・・またもガキ扱い。・・・撫でられんのは嬉しいけど・・・複雑だな。 「社長、すみません、俺のミスでご迷惑おかけして」 オフィスから若い男性が出てきて柊さんに頭を下げる。 「だいじょうぶだよ、平岡。俺も慌てて出てきちゃったから、資料忘れちゃったし、息子に持ってきてもらったんだ」 「ご家族にまでご迷惑おかけしてすみません!」 平岡さんは、俺にも頭を下げる。 「俺、暇なんで気にしないでください」 「よし、じゃあ、書類も揃ったし、行こうか」 「ほんとすみません!」 「一時間くらいで戻ってくると思うし、夏は中で待ってて。一緒に帰ろう」 「・・・はい」 柊さんと平岡さんをのせたエレベーターが閉まる。 働く男って感じでカッコイイな・・・「社長」なんて呼ばれてて・・・なんか・・・柊さんの存在が遠い。 はあ。俺なんかが好きになっていい人じゃないよな、きっと。
16/177