息子の資格 父の資格
全2/22エピソード・完結
6/177

息子の資格 父の資格

高校入学式当日 柊さんは、仕事を休んでくれていた。 俺は新しいブレザーに袖を通し、スーツをビシッと着こなした柊さんと一緒に高校までの道を歩く。 さすが、若くても社長なんだな。それほど身長が高いわけでもないのに、高そうなスーツを着こなして、パッと見はモデルみたいだ。 それに比べて、俺は、身長は柊さんよりも少し高いけど、制服に着られている感がハンパない。まだまだ成長期だからと、少し大きめに仕立てて貰った制服が、余計に着られている感を醸し出している。 俺も、柊さんみたいな大人になりたい。 入学式が終わり、校門や校舎をバックに、それぞれ家族と写真を撮っている。 「夏、俺たちも撮ってもらおう」 そう言って、近くにいた教師に声をかけ、柊さんがスマホを渡す。 初めて一緒に並んで撮った写真は、二人ともぎこちなく、どこから見ても親子には見えなかった。 「柊さん、ただでさえ若く見えるから、なんか兄弟みたいですね」 「そうだな。夏の方がデカいのがちょっと気になるけどな」 「そのうちもっと差つけてやります」 「なんか、それ嫌な気もするけど・・・まあ、楽しみにしてるよ」
6/177