新婚生活
1/5
2/23

新婚生活

結婚後初出勤の朝。 とは言っても一緒に暮らすようになって数ヶ月。いつもと変わらない朝だった。 勤務先が近い私たちは、同じ時間に出て一緒に通勤している。 「ね~まだー?」 玄関からそうちゃんの急かす声が聞こえてきた。これも毎日のこと。あと5分早く起きればいいのに、朝に弱い私はそれができない。 「ちょっと待って!これで終わりだから!」 そうちゃんをなだめつつ、急いで口紅をして玄関に向かった。そしてそうちゃんの顔を見た瞬間 「あっ!」 今度は忘れ物を取りにバタバタとリビングへ引き返す。 「も~置いてくよー」 なかなか出発できないそうちゃんは呆れていた。 「ごめんごめん」 慌てて玄関に戻り、パンプスを履く。 「何忘れたの?」 「……指輪」 「ウソだろ。 初日からそれかよー」 「えへへ…そうちゃんはちゃんとしてるの?」 「じゃーん!してるよ」 そうちゃんは得意げに左手の甲をこちらに向けアピールした。 「さっすが愛妻家〜!」 「はいはい、わかったから。ほら行くよ」 軽くあしらわれ玄関を出ようとすると、 「ちょっと待った!」 今度はそうちゃんが足を止めて振り返る。 「もうなに~?」 「今日も頑張ろうね」 唇に軽くキスをした。 「もう……」っと私がイチャつきモードに切り替わった瞬間、そうちゃんは腕時計を見ながら「バスが来る!」と私を押し出すように玄関を開け、バス停まで急がせた。 出勤すると周りの人からの「おめでとう」の嵐。恥ずかしくてお礼もそこそこに席に着くと、机には名札、社員証、名刺、保険証などが届いていた。 名前はもちろん『桜井アヤ』 それらを手に取り “私、本当に桜井アヤになったんだなぁ……” と実感した。
2/23

最初のコメントを投稿しよう!