強張る

1/15
42人が本棚に入れています
本棚に追加
/15ページ

強張る

昼休み給湯室。 つい先程あったばかりの出来事を何度も脳内でリピートしながらコーヒーを淹れる。 「山口。今ちょっと良いか?」 つい顔が緩んでいたら不意に後ろから声をかけられて、慌てて表情を戻した。 「話あるから、会議室来てくれるか?」 振り返ると二年先輩の佐原さん。 まさに今脳内で繰り返し私の頭をナデナデしてくれていた当人の登場につい目を瞠る。 珍しく神妙な面持ちに、私の心が不安気に揺らいだ。 いつもは目尻に皺を寄せながら楽しそうに笑ってばかりなのに、無口な彼の後ろを付いていくだけで、胸騒ぎがしてどうにも落ち着かない。 何か仕事でミスをしただろうか。 ここ数日の記憶を急いで遡る。
/15ページ

最初のコメントを投稿しよう!