強張る

8/15
42人が本棚に入れています
本棚に追加
/15ページ
「ほら、可愛い犬見たらさ、頭撫でたいだろ?耳つまんでみたり、匂い嗅いだり、したくなるだろ?あれと同じなんじゃないか?」 犬!? 犬って言った? 今、私の事犬と同じって、そう言ったの?? 心の底に熱い物が発する。 今までの私のドキドキ返してよ。 ボッと音を立てて怒りの炎が上がる。 「私って、佐原さんにとって犬みたいな存在何ですね。分かりました」 可愛さ余って憎さ百倍とは、こんなか。 「やっぱり今言ったの、撤回します。全部セクハラです。だから私にはもう、どれもしないで下さい。じゃあ、失礼します」 涙が溢れる前に早く退散したい。 逃げるように一礼して会議室から出た。 追いかけてきて欲しいなんて、そんなくだらない期待捨ててしまえ。 私のバカ。 佐原さんの大バカっ。 何よ、犬って! もう知らない。 顔も見たくない。 声も聞きたくない。 触れても欲しくない。 ……バカ。 バカ。 バーッッカっ!!
/15ページ

最初のコメントを投稿しよう!