チョコの催促

2/7
112人が本棚に入れています
本棚に追加
/13ページ
「ねえ」 「何よ」 「頂戴よ」 「何を」 「チョコ」 「あー、バレンタイン?」 「そ。八木ちゃんからのチョコ、俺、欲しくて欲しくて堪らないのよ」 バカ。そんなに喋ったら……。 「おい、そこ! また、おまえか、夏目。私語は慎め!」 「へーい。すんませーん」 先生に注意されて謝った夏目くんは、すぐに私の方を見てペロッと舌を出した。 先月の席替えから隣の席になった夏目くんは、吹けば飛ぶような軽い男だ。 髪は金色、ワイシャツのボタンは全開で、腰パンにはお飾りのようにヘビ革のベルトをぶら下げている。 女子をちゃん付けで呼び、肩を抱いたり腰に手を回したりと馴れ馴れしい。 そんな夏目くんはムチャクチャ校則の緩いうちの学校でも、かなり目立つ存在だ。 「ねえねえ」 「何」 「だからチョコ」 「そんなに食べたいなら自分で買えば?」 「わかってないなぁ、八木ちゃんは。愛はお金では買えないのよ?」 だから、そんなに喋ったら……。 「ほう、そうか。単位も金では買えないってことはわかってるか? 夏目」 ほらね。また怒られた。 「八木もいちいち相手にするな」 「……すみません」 なんで私まで怒られなきゃいけないのよ、バカ。
/13ページ

最初のコメントを投稿しよう!