いたのかチャンパンジー

1/11
10人が本棚に入れています
本棚に追加
/20

いたのかチャンパンジー

東京某所。春一番が吹く日。  馬鹿まる出汁(だし)の濃厚煮干しラーメンを打ち出している場末のラーメン屋。カウンター十席のほかにテーブル席が二卓あり、ファミリー層には嬉しい店だ。洒落た間接照明が薄暗く店内を照らしている。  空が暗くなるころ、扉を開けて一匹の客が来店した。ゴリラだ。  学名で言うならゴリラ・ゴリラ・ゴリラだ。彼はこれをゴリラのなかの、そのまたゴリラのなかの、唯一無二のゴリラだと推測している。誇り高き学名なのだ。シルバーバックではないが、そういうことだ。
/20

最初のコメントを投稿しよう!