6月 part1

1/3
538人が本棚に入れています
本棚に追加
/160

6月 part1

空の涙が、街の灯りを幻想的に魅せる夜。 (先程ご案内したお客様、随分若いな…。二十代前半ってとこかな) 男女のカップル。フォーマル、というわけではないが、二人とも気合の入ったデート服だ。あまりこういう場所に来ることはないのだろう。緊張している様子がこちらにまで伝わってくる。 と、男性が、ポケットから紺色の箱を取り出し、開きながら女性に差し出す。指輪だ。 「僕と、結婚してください」 「はい…」 なるほど。やっぱりそういうことか。 ドライジン、ポートワイン、チェリーブランデー、オレンジジュース。 2:2:1:1の割合で、それぞれ分量をメジャーカップで測り、2cm角の氷とともに、シェイカーに入れる。シェイカーを身体に引きつけ、上に振り、また身体に引きつけ、今度は下に振る。繰り返すこと32往復。そしてカクテルグラスに静かに注ぐ。 ルビーのような美しい色。お盆に載せ、恭しく運んでいく。 「失礼致します。こちら、ウエディング・ベル・スイートというカクテルでございます。 お二人の門出を祝い、私どもからの心ばかりのサービスです。もし宜しければ、お召し上がりください」 女性は目を潤ませながら微笑んでいる。男性も照れくさそうに笑っている。こういう瞬間に立ち会えるのが、この仕事の一番の醍醐味かもしれない。 乾杯する二人を見ながら、一旦下がる。 タイミングを見計いながら、今度は二人のお好みのカクテルを提供するべく、俺は準備を始めた。
/160

最初のコメントを投稿しよう!