6月 part2

1/2
538人が本棚に入れています
本棚に追加
/160

6月 part2

「櫻宮 七星(さくらみや ななせ)です。よろしくお願いします」 皆の前で右手を左胸に当て、頭を下げる新人。 「あなたが、月城 拓叶さんですね。ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いします」 細くてストレートなブラウンの髪。楕円形の眼鏡をかけているからか、全体的に文学青年のような印象。背は俺より少し低いくらいか。 23歳と言っていたが、高校生と言っても通用するかもしれない。まるで、背伸びしてバーテン服を着ているようだ。 こいつが期待の新人? 「おい櫻宮!姿勢が崩れてる!常に体幹を意識して立て!お客様にだらけた姿を見せる気か!」 あーあ、期待の新人さん、さっそくオーナーにどやされてる。 俺は、七星の様子をこっそり観察する。 グラスの拭き方を見ると、基本は分かっているようだ。だが、バイトに毛が生えた程度の動き。そんなバーテンダーなどいくらでもいる。 何かの受賞経験があるわけでもない。有名店で働いていたわけでもない。経験年数が長いわけでもない。なぜオーナーがこいつを買いかぶっているのか分からない。 …ま、いいや。俺の敵でないのなら。 店内コンペで俺の邪魔をしないなら、どうでもいい。興味がない。
/160

最初のコメントを投稿しよう!