となりの犬とぼく

1/15
5人が本棚に入れています
本棚に追加
/15

となりの犬とぼく

 ジョン。  これは、となりんちの犬の名前。  ジョンは大きくて、白くて、ふわふわ。  でも、となりんちの犬なんで、触ったことはなかった。  「おーい、ジョーン」  呼んだって、僕には何の反応も示さない。  「ふーん。ま、いっか」  ジョンがとなりんちに来たのは、十二月のことだった。  となりんちの姉妹へのクリスマスプレゼントだったらしい。  仔犬の頃のジョンは、目元があどけなく垂れてて、黒目がクリンクリンと輝いてて、元気いっぱいで、全身がバネみたいにピョンピョンしてて、真っ白で、もふもふだった。犬種は確か、クバーズだったかな。  となりんちの庭はドックランになっていた。  まわりを白い品のいい金網でぐるりと囲んであって、きれいに刈り込まれた芝が広がっている。緑の天然芝とクバーズの白のコントラストが美しい、そんなお宅。 「それにひきかえ、うちの庭は…何もねぇな」  となりの芝は、間違いなく青かった。
/15

最初のコメントを投稿しよう!