全4/7エピソード・完結
10/20

木曜日。 お昼の一時過ぎにうっすら目を開けた。天気のいい日だった。お昼ごはんを食べたあと気持ちよくなって眠ってしまっていたらしい。目を覚ますと、なにかの書類を母親が読んでいた。アキラに気づくと、ごく普通の母親がそうするように頭をなでてくれた。親不孝かもしれないけど、なでてもらうなら先生がいいと思ってしまう。 「気分はどう?」 「……なにしてるの?」 「退院の書類読んでるのよ」 退院は土曜日だ。まだ少しだけどがある。でも、朝から変な胸騒ぎがずっとしていた。胸の奥がざわざわしているのは、病気のせいじゃない気がする。 「アキラ、起きてる?」 「先生!」 そこへ、先生がやってきた。白衣に両手を突っ込み、いつもの調子な先生を見て安心する。って言っても最近は毎晩会ってるから少し照れくさい。退院がいやだとごねるアキラに先生は優しく治療を施してくれた。そのおかげで、そのときだけは嫌な気持ちにならないですんだ。 そんな患者のわがままにも先生は付き合ってくれていたのだ。夜勤続きで疲れてるはずなのに嫌な顔ひとつしないし、アキラの両親に告げ口することもなかった。 「先生、通院のことなんですが……」 「ああ。週一でじゅうぶんだとは思いますが……通えそう?アキラ」 「うん!先生に会いたいもん」 「いい子だね、それ聞いて安心した」 「本当によくしていただいて……感謝しております」 母親がまた頭を下げた。大人ってどうして頭を下げたがるんだろう。アキラにはわからない。悪いことしてないのにぺこぺこするのは不思議だった。先生もぺこぺこしてる。
10/20