ヒーラーの魔力

1/4
1153人が本棚に入れています
本棚に追加
/270

ヒーラーの魔力

 翌朝。  目覚めたオレは顔と歯を磨いて宿屋の食堂へ向かう。  ここが異世界である事にまだ実感はわかない。  しばらくするとナスカ達も起きてくる。 「おはようユーヒ。迷い人はいつもこんなに早く起きるのか?」 「あはは。おはよ。何もする事がなくて昨夜は早く寝たんだ。あんなに早く寝たのなんて子供の時以来だよ」  この世界にはテレビなどの娯楽はない。  娯楽どころか機械的なものが何一つ無かった。  本を読もうにも意味不明な文字が書かれてあって読めない。  諦めて昨夜は二十一時には眠りについた。  朝食を摂って宿を出る。  カインとエレナは回復薬を買い足しに行き、オレとナスカが向かったのは街の東側。  東門から出てすぐの拓けた草原だ。 「こんなとこ来て何をするんだ?」 「魔力の制御だよ。ユーヒは回復魔法だけど魔力の訓練はするべきだと思うんだ。強化自体は私達の魔力だろうがヒーラーの魔力だろうが同じ事だからね」 「なるほど。強化して武器で戦う分には冒険者としてもやれなくはないな」 「そういう事! 難易度の高いクエストは受けられないけど、低難易度のクエストであれば報酬は少ないけど冒険者やれるだろ?」 「奴隷にならずに済むのならそれだけでも助かるわぁ……」  まずは一安心。  収入は少なくても生きていく糧を得る事ができる。
/270

最初のコメントを投稿しよう!