マンネリ

1/14
3人が本棚に入れています
本棚に追加
/45ページ

マンネリ

舞台は、どこにもありふれたカップルの日常から始まった。 何気ない日々…。 【愛】とはなにかを求める者たちに… 【真実の愛】を――― カチッ、カチッ、カチッ(マウスをクリックする音) 「ねぇねぇカズくん」 「この豪華客船ツアー」 「限定五組貸し切りだって♪」 「素敵じゃない?」 カズはテレビゲームをしながら、かったるそうにタバコをモクモクくわえている。 「ああ…いいんじゃない?」 話を聞いているのか、いないのか分からない台詞が煙たさを感じさせる。 けれど、いつものことなのでワタシは気にせず、言いたいように独り言をいって夢心地になっていた。 「じゃあ申し込んでおくね」 矢印を申請のマークに合わせてネットから手続きを行い申し込みしようとする私。 「で?いくらなの?そんなに金ないけど俺」 腰の重いカズは、いつもシリに火がつかないと考えを言わない。 「十日間で五万円だって」 「抽選当たるといいなぁ」 返事を待たずに私はカチッとクリックして申請を終わらせた。 「はぁ・・ねぇ、何か面白いことしよーよ」 サトミがカズの腕を揺らしながら話しかける。 「ああ、、もう、いまやめろって、手がブレるだろ?」 「面白いことっていっても、金ねぇし!」 あからさまに面倒くさそうに答えるカズ 「じゃあ、面白いこと話して!」 「ねぇ!ねぇ!」 サトミはフグのようにホッペタを膨らませてはぶてる。 「あー。今、イベ中だから、あとでなー」 カズは淡々とゲームを続けた。 「・・・もういい・・」 サトミはそこから立ち去り、リビングのテレビの電源を入れた。 もうこんなやり取りが五年も続くと 怒るエネルギーもなくなってしまう。 あきらめる事を覚えたカップルに生きた恋愛なんて出来ない。 だから、新しい【刺激】を求めてこのツアーに参加しようと思ったんだ。 いまになって思う… 【刺激】が欲しいなんて欲張るんじゃなかったと…
/45ページ

最初のコメントを投稿しよう!