第四話 風の前の塵
全4/4エピソード・連載中
11/14

第四話 風の前の塵

「亀! いつまでぼおっとしてんの!?」  陽子様が更に顔を寄せる。 「わかった、わかったから」  だんだんと状況を思い出してきた。  僕は今、大型の助手席。  陽子様は僕の真正面。 「って、陽子様!?」  陽子様は僕の太もも、ほとんど腰の上にまたがっていた。  これって、アレな体勢で、ほとんど世にいうアレでは? 「亀、何顔赤くしてんの?」 「と、と、と、かく」 「とかく?」 「とにかく、ど、ど、どいて」  陽子様は一瞬きょとんと僕を見て、ゆっくりと視線を落とした。  と、みるみる顔が赤くなり、そして怒鳴った。 「こ、この、DVモラハラ野郎!」  そして僕から降りて運転席に座りなおす。  しばらくの無言の後、僕は深呼吸を繰り返してから訊いた。 「……で、ここはどこ? ブンギの敷地内のどこか?」 「し、し、知るか!」  陽子様はまだこっちを見ない。 「あ、あたしだってまだ気づいたばっかだし」  記憶にある限り、陽子様がこんなにしおらしいのは初めてだ。  その姿が、僕を多少なりとも冷静にさせる。  状況を整理しよう。  まず、時間は夕方か明け方。真っ暗ではないけれど、太陽は昇っていない。感覚的には夕暮れ時だ。     
11/14

最初のコメントを投稿しよう!