ココロ

「生きること」に対し意味を探し続ける少女、そして彼女に本気でぶつかっていく先生。貴方ならどう、かんがえますか?

3 61

読んでくれた人の「ココロ」にひびいてもらえたなら、幸いです。

概要・あらすじ

作者: 梓千景 あずさちかげ
12分 (6,976文字)
 生きることに意味を見出そうとして、見出しきれなかった一人の少女。彼女は自分の不甲斐なさに失望し、いっそどこかへ消えてしまいたいという感情に駆られてしまう。人気のない階段の手摺に腰掛けてふらふらとして

感想・レビュー 1

それはまるで哲学入門書

 高校生は高校生でもただの生徒ではないのですね。誰もが思う「人間ってなんで生きているんだろう」『とにかく私はそのぐらい、「生」と「死」について、真剣に悩み続けていた』 そんな思いを本気で悩む主人公に、

その他情報

公開日 2019/3/17

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る