千駒と岳

武家に生まれた桐吾と港湾荷役頭の息子・岳。身分違いの幼馴染み、それぞれの恋の行方。

豆柴ラムネ

BL 完結 過激表現
6時間48分 (244,462文字)
最後までおつき合い頂けたら幸いです。

145 1,392

あらすじ

少年期から青年期、幕末、そして黎明の明治を生きた桐吾と岳の成長と恋模様を綴っています。 2019.7.31完結 ※随時加筆修正が入ります。 『東鷹のカストラート』https://estar.jp/n

シリーズタグ

感想・レビュー 2

とても素敵な作品でした!

「ずっと君を好きだった。」シリーズを読破し、甘々のカップルたちに癒されとても優しい気持ちにさせていただき、その流れからこの作品に辿り着きました。 読む前は、時代劇風?とは言えまたきっと甘々で癒しても
1件1件

珠玉と言うに相応しい作品です。

 こういった非常に美しい文章をお書きになられる方に、感想をお伝えするのは、大変口幅ったく気後れもして恐縮なのですが、是非に書き留めておきたいと思いました。  文章は明瞭で、音楽のようにリズムがあって
2件7件

この作者の作品

もっと見る