通禁電車

7/14
442人が本棚に入れています
本棚に追加
/14
……駅に電車が滑り込み、ホームに出ると、胸ポケットの中を探った。 そこには、昨日と同じ切れ端が入っていて、 『続きは、また明日。同じ場所で』 と、最初の時と似たようなことが書かれていた。 なんだよ……と、感じる。 ふと見ると、ズボンのチャックが開いたままになっていて、急いで上げ戻した。 なんで、俺が翻弄されてるんだ……今にもイかされそうだったせいで、そこは外からでもわかる程に盛り上がっていて、 カバンで前を隠したままでトイレに駆け込むと、 そこで、あの手の感触を思い出しながら抜いた。 トイレットペーパーで処理をしながら、息を吐き、 「……なんで、逃げなかったんだ……」と、呟いた。 しかも、奴の手を感じて抜くなんて……と、自分でも信じられない気持ちだけがつのった。
/14

最初のコメントを投稿しよう!