桜の下でもう一度

1/15
2人が本棚に入れています
本棚に追加
/15

桜の下でもう一度

「タイムリープって知ってる?」 「タイムリープ?」 私は、氷で少し薄まったアイスティーをストローでかき混ぜながら、上目遣いに早川を見た。 「それって、タイムスリップみたいなものですか?」 「いや、ちょっと違うんだよね」 コーヒーカップをソーサーに置くと、早川は両手でゲンコツを作った。 保険の外交員をしている私は、行きつけの喫茶店で、早川に保険の新プランの提案をしていたところだ。 一通りの説明を終えた後、話の流れから好きな映画の話になり、そこからタイムリープの話題へと移ったのだ。 昨年から担当している彼、早川(たすく)は、二十八歳独身。建設会社の営業をしている。 「そろそろ身を固めなきゃと思うんだけど、なかなかね……」と零す顔からは、それほど緊迫した様子は伺えない。 そこそこイケメンの部類に入る彼は、女性には特に不自由していないのだろう。 何度か会ううちに、こうして雑談までする仲になった彼は、瞳を輝かせながら、自分の左手を見つめた。
/15

最初のコメントを投稿しよう!