第2章

1/17
39人が本棚に入れています
本棚に追加
/36

第2章

 終業式の二日前に結衣はピアノの前に座り、即興で音楽を奏でながら、何げなく私に声をかける。 「茜は大みそかって何か用事ある?」 「特にないけれど、どうして?」 「ピアノの先生の家で演奏会があるのだけれど、来る?」 「行きたい! でも私が行っていいの?」 「もちろん、大歓迎だよ。つまらない会だと思うのだけれど、茜となら楽しいかなって思って」 「すごい嬉しい。結衣のピアノ、ここ以外で聴けるのは初めてだから楽しみだよ」 「そんないいものじゃないと思うけど、茜が一緒にいてくれれば私も心強いよ」  期末テストの赤点からなんとか免れ、父と母の諍いも小康状態で、私は穏やかな日々を過ごしていた。結衣も二学期を優秀な成績で収め、数学の答案用紙を見せつけてきた。お互い憂いなく年を越すことができる、と言い合っていたところだった。私の日々には結衣のおかげで音楽が溢れていた。満ち足りた、美しい日々。     
/36

最初のコメントを投稿しよう!