そして事件は動き出す
1/6
4/75

そして事件は動き出す

「おや‥‥? ヘンだわね? 確かにお屋敷を出る時は門をキチっと閉めたハズだけど‥‥」 お手伝いのハルが屋敷に戻ったのは、15時45分位だった。 『ヘンだ』とは、確かに閉めたはずの門が20センチほど開いていた事だ。 「不用心だわねぇ‥‥光一坊ちゃんが何処かに出掛けたのかしら?」 ふと、郵便受けに何か封筒のようなものが刺さっているが目に留まる。 真っ白な封筒で、チラシにしては違和感がある。 「何かしら?」 何気なく手に取って、中身を見ると‥‥ 「えええっ! た、た、た、大変だわぁぁぁ!」 一瞬にして、顔が真っ青になる。 そして慌てて家に飛び込むと、震える手で光一の母親、美鈴に電話を掛けた。 その頃。 美鈴は、行きつけの宝石店で馴染みの店員と談笑をしていた。 なるほど名目は『お稽古』だが、そんなモノは言い訳であって、本音のところは息抜きが目的の外出だったのだ。 プルル‥‥ スマホが着信して、小さなLEDが赤く点滅する。 「ああ、ちょっと待ってて。家からだわ」 小さく溜息を吐いてから、通話ボタンを押す。 「‥‥ハルさん? どうしたの? 急な用件でなければ‥‥え?なに?良く聞こえなかったわ。光一がどうした‥‥えぇっ!」     
4/75

最初のコメントを投稿しよう!