第5話 決別
全5/38エピソード・連載中
24/162

第5話 決別

 夜が明けて陽が昇っても子猫は傍を離れなかった。首輪は無い。もしかすると、コイツも独りぼっちなのだろうか。それとも捨てられたのかもしれない。自分と似たような境遇に自然と親近感が湧く。 「君も一緒に来るかい?」  顔の位置まで抱き上げて尋ねてみた。返ってきたのは尾の長い、いかにも眠たそうなアクビだ。とりあえず了承を得られたものと解釈して連れて行く事にした。  黒猫はマントの中が気に入ったようだ。僕の肩を占拠するなり、そこで体を丸めた。ゴロゴロと細かな振動が伝わってくる。居心地はそれなりに良いらしい。  こちらとしても道連れがいるのは有りがたい。たとえ会話の出来ない動物であっても、寂しさが紛れるからだ。のしかかる重みを心強く感じつつ、そんな事を考えていた。 「さてと。まずは食料品店に行ってみようかな。十分な量を買えるかは望み薄だけど……」  手持ちの10ディナだけでは、十分な食料を調達するのは難しい。それでも食わない訳にはいかず、店の中へと乗り込んだ。     
24/162

最初のコメントを投稿しよう!