いつかあの大空へ

ぼくの夢を妨げていたのは、口うるさいアイツだったんだ……

11 224

12分 (6,831文字)
妄想コンテスト「となり」の参加作品です!

あらすじ

ぼくの名前は中村ピースケ。 ぼくは優しいパパさんとママさんに愛されて、とっても幸せ! そんなぼくの前に現れたハヤトの存在は、そんなぼくの心をかき乱した。 荒んだ生活をしていたぼくのとなりに突如現れたの

感想・レビュー 2

幸せのカタチ

ピースケ君は夢見がちな男の子ですね。 ツバメのハヤト君も、決してピースケ君を悪く言う訳ではなく、言い合いながらもお互いの生き方を認め合っているように見えました。 そしてチッチちゃん。 少しお高くと
動物ものというのは、どうしてこんなに涙が溢れてしまうのか。 それを綺麗に描写している筆者の愛情が伝わります。 良作です!

その他情報

公開日 2019/3/22

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る