1 樹

1/5
135人が本棚に入れています
本棚に追加
/82

1 樹

 1986年7月  外から帰って玄関を開けるなり、雨野(あまの)は硬直した。今一番苦手な男の顔がそこにあったからだ。  雨野を出迎えたのは、娘婿の花月史郎(かづきしろう)だった。 「お義父さん! お帰りなさい!」  側にいるだけで疲れる、デカい声。史郎はヘラヘラと能天気そうな笑顔を浮かべ、手を振ってくる。  耳鳴りがしそうになるのをこらえて、雨野は片手を上げた。 「……よォ。来てたのか」 「これからお義母さん連れて、葉子(ようこ)サンのお見舞いに行くとこですよ」  先日、娘の葉子が男児を出産した。  葉子は出産前から体調を崩し、病院に入院していた。その上、腹の子が逆子だった為、帝王切開での出産となった。母子ともに無事ではあったが、やはり母体のダメージは大きい。入院生活は、もうしばらく続くという話だった。 「遠くからいつも、ご苦労だな」 「いーえ」 「葉子の奴、実家じゃなくて、自分の家の近所で入院した方が良かったんじゃないのか」 「さあ……実家に近い方が、彼女も安心するんじゃないですか? お義父さんも一緒に行きましょうよ」 「いや、俺はちょっとこれから新宿に行ってくるから。葉子にはよろしく伝えといてくれ」 「ん、そうですか。解りました」  史郎は思いのほか素直に頷いた。  入院中の娘をほっぽらかして、何をしに行くのか。娘が心配じゃないのか――そう問われるかもしれないと雨野は身構えていたが、史郎はあくまで、人の意思を尊重する気でいるようだ。  雨野は帽子を脱いだ。頭部に溜まった熱気が、むわっと外に逃げていく。額に伝ってくる汗を手で拭い、それから靴を脱いだ。 「でも葉子サン、怒ってましたよお。『お父さんは、(いつき)おじさんのお見舞いには毎日行くのに、私のとこには4日にいっぺんしか来てくれない!』って」  史郎の口真似は、妙に特徴を捉えていた。葉子がベッドの上でカンカンになっている姿が、目に浮かぶ。  脱いだ靴を下駄箱にそろえながら、雨野は眉間にしわを寄せて振り返った。 「ばかやろう、俺なりに気ィ使ってるってのに。俺なんかが、赤ん坊生んだばっかの女のトコに連日行ったって、何の役にも立たねえし……逆に気疲れさせるだけだろうが」 「子供心に父親心、ですね」  うんうん、と史郎は感慨深そうに頷く。それから何か考えるように顎に手を添え、わざとらしくウーンと唸った。 「……それにちょっぴり男心もあったりして? ふふふ」  雨野は方眉を上げた。  この男、一体何のことを言っているのか――警戒心を抱きつつ、史郎を見た。  雨野に睨まれても、史郎はまったく気にする様子もなかった。それどころか、 「ま、僕はお義父さんのこと、よく解ってるつもりですから」  と笑いながらうそぶくのだった。
/82

最初のコメントを投稿しよう!