桜色に染まる

1/3
24人が本棚に入れています
本棚に追加
/3

桜色に染まる

「ありがとうございました」 「ごちそうさまでした」 「またお待ちしております」  いつものビアホールで、お決まりの文句を聞きながら、そそくさと財布をバッグに仕舞って出て行こうとすると 「あ。お客様」 と、レジから顔を上げた男性店長が呼び掛けた。 「イヤリング、落とされたんじゃないですか」 「え?」  店長は自分の右の耳を指す。  触れてみると確かに耳たぶの感触しかない。 「さっきは、してらっしゃいましたよね。席で落とされたのかな……」  わざわざ戻ってくれる店長にわたしは慌てて言った。 「あの、いいです。大丈夫です!さっき駅の300円ショップで買ったのだし」  振り返られて、しまった、と思った。  これだから、仕事帰りの女の一人客の酔っ払いなんてみっともないから、ボロが出ないように気をつけてたのに……。
/3

最初のコメントを投稿しよう!