ソーダの海

甘々な恋なんて知らない青年の話。純粋×天邪鬼 [短編]

13 244

恋愛 完結
11分 (6530文字)
部活を引退する先輩とその後輩。微炭酸ラブ(?)。

あらすじ

 俺――――直は、わざとソレを忘れる。  男女混合リレーの先輩後輩は、正反対な性格だ。  一方はラブコメの様な日々を、もう一方はリアルな恋愛事情を内包した日々を送っていた。  しかしそんな毎日も

シリーズタグ

目次 2エピソード

感想・レビュー 8

甘酸っぱい

企画に参加ありがとうございます(*^^*) 甘酸っぱいなー、青春だなーとみていたら、それだけじゃなくて.......なんだか、リアリティがあってとてもよかったです。 2人の今後はあたしが勝手に想

甘酸っぱいってどんな味だっけ?

レビューしに参りました、ガヤです。 早速感想ですが、若い時にしか味わえない封を開けたときのに出る、炭酸の泡が音を立てて弾けるような切なくも甘いそんな物語でした。 場の空気に流されやすい主人公が、素
完読致しました。 最初はとても、甘酸っぱく。 けれども、ただただ甘いだけではなく、中半から最後は、主人公の苦手な炭酸の、ほろ苦さもあり。 しゅわと溶けていく、炭酸のような素敵なお話をありがとうござ
もっと見る

その他情報

公開日 2019/3/26

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る