逢魔(おうま)が時

1/1
4人が本棚に入れています
本棚に追加
/5

逢魔(おうま)が時

 穏やかな春風が軽快なワルツを踊る。遠くで半円を描く地平線。感嘆という名がふさわしい景気。それがこの場所。  ついさっきまではそうだった。何もかもが正常に動いていた。  だが今は、吹く風はどこまでも冷たく、真綿のふりをして鎖のように、体に重々しくまとわりつく。頭上に広がる空。それは西の方はオレンジ色の綺麗な夕映え。しかし、東に目を向けると、夜色が禍々(まがまが)しく侵食し始めていた。  ――逢魔が時。  昼と夜が交差する夕暮れ時。人ではないものが現れるという。命ある者が生きる現世(うつしよ)。死後の世界、常世(とこよ)。そのふたつをつなぐ扉が開く時間帯。いつ、怪奇、心霊現象が起きてもおかしくはない状態。  少しでも油断すれば、色濃く現れた影という空間の歪みに捕らわれそうな山道。この世と完全に引き離された闇へと押しやられてしまう。そんな孤独と恐怖が待ち受ける不吉と化した時分。  霊界という死を意味する世界。そこへの扉がばっくりと口を開けていそうだった。  引き込まれたら最期(さいご)。最後ではなく、人の一生の終わり、死期を表す最期。正気(しょうき)な世界へと二度と戻れないように、知らぬ間に漕ぎ出す死出の旅路。その波止場に、気づいたら立たされているかもしれない。戦戦慄慄(せんせんりつりつ)。  隣の山の背に、昼の象徴の太陽が、進軍してきた夜によって、威力を奪われたように追いやられてゆく。  影は最高潮に長くなり、ふたつの急いでいるそれが、乾いた土の上に無防備にゆらゆらと伸びていた。今や、小さな刃物が次々に飛んでくるように、身を切り裂くような風は、谷底へと誘い込むように狂臭(きょうしゅう)を放ってつきまとう。  前を歩いていた、登山服を着た男が、少しだけ後ろへ振り返った。 「気をつけろよ」 「えぇ」  男の後ろをから恐る恐るついてくる女の眼下には、黒い海のように見える雑木林が、はるか下で強風に(あお)られていた。それはまるで、自身を飲み込もうとする大波のように荒れ狂っているようだった。  地獄の底よりも深くへ堕ちていくことを連想させる断崖絶壁。その脇で、一歩一歩前へ足を踏み出すたび、山肌を小石がコロコロと滑り落ちてゆく、悲劇の前触れを物語るように。  危険な場所のように思えるが、ここはハイキングコース。転落防止の柵があり、安全な山道。  だが、日が落ちてしまえば、危険性が高くなると判断するのは、当然のこと。男と女は夜がやって来る前にと思い、急いで下山しようとしていた。  崖と反対側には薄闇と化してしまった雑木林が広がる。少し前まで陽気な旋律を奏でていた鳥のさえずりも、不自然なほど身を潜めている。  自分たちが通るたびに、小石が落下の一途をたどる左手の絶壁とは、十分距離を開けて、ふたりは登山口を目指していた。  男の背負っているリュックのサイドポケットに囚われの身がいた。それは、ガラス細工のように繊細で美しい白い花から根元までの全裸の植物。  風向きは谷底が広がる左側から、右手に広がる雑木林へ追いやるように吹いている。落ちるはずのない歩き方。  だが突如、何の前触れもなく、真正面から後ろへ、地面を削り取るように、砂埃をともなって、烈風がふたりの間を駆け抜けていった。風圧で足を踏み出すのが困難になる。 「っ!」  女は目に砂が入り、思わずつぶった。その時だった。待っていたというように、右肩を後ろから強くつかまれたのは。背後へ自分の体が傾いた気がした。だがしかし、自身たち以外、気配がなく、誰もいないはず。 「え……?」  それでも、おかしい感じがすると思った女は、後ろへ振り返った。ところが、人どころか、虫一匹もいなかった。上りのハイキングコースが広がるだけ。  首を傾げて、再び前へ向こうとした。しかし、何かに引っかかったように、女の足がふともつれた。足元に段差があるわけでも、石が転がっているわけでもない。  それなのに、誰かに足首を掴まれたように、地面の端――谷底へとあっという間に引きずり込まれ、 「きゃあっっっ!!」  ガラスの破片があたり一帯に突き刺さったように鋭く、女の悲鳴が響き渡り、男は驚いて思わず振り返った。 「なっ!?!?」  そこには、転落防止柵の隙間から、身を半分、断崖絶壁に乗り出している、女の姿があった。 「真里っ!!」  大声で女の名前を叫び、慌てて近寄り、男は女に手を伸ばす。だが、彼女の手はかすかに触れただけで、無情にもすり抜けた。 「真里ーーーーっっ!!!!」  男の悲鳴が夕暮れの山中にこだまし、女という白い花びらがひとつ、谷底へと無残に、何の声を出すこともなく落ちていった――――  ――――治安省、聖霊寮。  相変わらず、うず高く積まれた未解決事件の資料の山。その合間にいるゾンビみたいな職員たち。  スリラー、ホラー。そんな言葉がぴったりくる部屋。その中のデスクのひとつで、国立はある事件資料を広げていた。  ホンブルグハットのつばが落ちてこないように、ごつい指先でつままれている。鋭いブルーグレーの眼光は、紙に穴があくほど差し込まれていた。  タバコの煙に汚染された空気を吸い込みながら、心霊刑事は古い事件を前にして、しゃがれた声でつぶやく。 「たび重なる転落事故? 多額の保険金? また、オレの目がおかしくなってんのか? 現場(げんじょう)が一ミリもずれてねぇ、どんな玄人(くろうと)だ? マッチしすぎだろ」  人が何度も落ちている。多額の保険金。普通は、こう考えるだろう。保険金をかけた人を連れていって、故意に落としたと。  だがしかし、場所がまったく同じ。これは聖霊寮としては、大事件である。人が起こすものではなく、霊的なもの、いわゆる心霊現象だという可能性が高い。  銀の薄っぺらい灰皿に乗せられていたミニシガリロ。国立はそれを不意に取り上げ、青白い煙を唇から吐き出す。  心霊刑事として、駆け抜けてきた一年とちょっと。その中で、手に入れた勘という名の経験値。それを使って見つけ出した、この事件。手付かずになっている未解決の案件から重要性が高いと判断した。変色した紙に、デコピンを食らわせる。 「初見はシンプル。がよ、本質は複雑っつうのは、よくあるぜ。お化けさんの世界にはよ」  この世の事件とは違う。幽霊が絡むものは。罪科寮での法則が当てはまらないものが多い。国立は今まで散々思い知らされてきた。  悩む。迷う。自身に問いかける。この事件の解決の糸口がどこにあるのかを。資料の隅々まで、鋭い眼光でアリ一匹見逃さないように探し続ける。 「何がどうなって――」  そこで、左遷されたあの日から、毎日一回は必ず自分のところへやって来る、粋のいい男の声が割って入ってきた。 「また新しい事件っすか?」  グルーグレーの鋭い瞳からは事件資料が消え失せた。活火山のマグマがグラグラと煮立っていて、どうしようもなく熱くて仕方がないというように、気だるそうに視線をそっちへやると、 「あぁ?」  そこには、罪科寮の時から慕ってくれている二十代前半の若い男がいた。親指を立てて、全然OKです的にキランと微笑んだ。 「兄貴なら、すぐ解決っすよ!」  机の上に並べてあった写真が、意志の強い国立の眼光の前に再び顔を表した。太いシルバーリングをはめた、人差し指の第二関節で、心霊刑事は左からトントンと軽く順番に写影を叩いてゆく。 「どれが(じゃ)さんで、どれが(せい)さんなのか、わかんねぇんだよ。どいつしょっぴいて、歌わせりゃいいんだ?」  さすが一年も仕事をしてきただけはある。兄貴の言葉は言い慣れたもんだった。  邪さんは邪神界=悪。  正さんは正神界=悪以外。  幽霊を感じる力はあっても、国立には姿も見えないし、話もできない。しかも、邪神界の者によって、人は幻を見せられ、嘘を教えられることなど、簡単にされてしまう。霊界ではそれが常識だ。  よくあるだろう。誰も乗っていない救急車が走っているのを見たとか。人が入れないはずの隙間に誰かがいたとか。  落ち着いて考えれば、起こり得ないのだ。まさしくこれが、本当の幻である。それに騙されて、冤罪(えんざい)をかけたのでは、心霊刑事として失格だ。  それに比べ、若い男は心霊現象など、映画か何かのフィクションだと思っている。シナリオ通り進んでいけば、結末が絶対にある。そんな気楽な感じで、国立の気持ちなど知らずに、聞き返した。 「兄貴でもそんなことあるっすか?」  国立の脳裏に、数々の事件が横切ってゆく。輪廻転生、魂の歴史だ。今生まれる前の人生が関わる。案件によっては、いくつもの人生が積み重なって、今の人生を迎えていることもある。動機は複雑、いや怪奇と言ってもいい。  犯人をにらむことはできても、思ってもみない結末を目の当たりにしてきた。国立だけだったら、とてもでないが解決できなかったであろう。そう思うと、兄貴の眼差しは、真剣味が色を濃くした。 「オレはシャバだ。聖霊師じゃねぇ。最後(ファイナル)は、奴らに手渡さねぇと、裁ける機関はねぇからな、現世にはよ」  幽霊を逮捕する。突然現れたり消えたりする存在。それを捕まえるのは無理である。だからこそ、霊感を持っている聖霊師が必要なのだ。彼らが話を聞いて、判断した上で、犯人逮捕――いや、邪神界、悪の世界から足を洗わせるのである。  約一年前、何かに導かれるように霊感を身につけた国立。そんな兄貴に向かって、若い男はニヤニヤする。 「霊媒体質じゃないっすか、思いっきり。三十過ぎてから開眼する――」  子供の頃、霊感を持っている人は結構いる。しかし、大人になるとともに、この世界に囚われ、失くしてしまう。だが、霊能師となる人は、比較的、開眼が遅いのが特徴である。それにもれずに、兄貴、ドンピシャ、ジャスト! だった。  神だか何だか知らないが、珍奇なものを自分にくれた野郎に、兄貴は文句を言った。 「好きでなったんじゃねぇ。オレはガキか。見えねぇもん、フィーリングするようになっちまって。純真無垢ってか」  古い回転椅子に、今日もがっつり座っている国立。若いのの言葉を素早くさえぎって、この技名を聖霊寮の不浄な空気に(ひず)ませた。 「受けろ、ジャンピング ハイキック!」  若い男は顔の前で両腕を構え、気合いを入れ、 「おっす!」  兄貴の笑いの前振りをまたスルー。国立のウェスタンブーツはスチールデスクをガツンと横蹴りした。 「座ってる状態で出来るか! アホ。オレが飛び上がって、てめぇの頭に蹴り入れんだろうが!」  ジャンピング ハイキックなのだから、兄貴の説明通りの技なのだ。だがしかし、実は国立が恥ずかしさを隠すための、ごまかしの言葉だった。  聖霊寮のよどんだ空気に喝が入り、同僚たちは一瞬ビクついたが、これはいつものこと。このウェスタンスタイルで決めている男は、机を蹴ったり、物を投げたり、色々と雑なのだ。  一年ほど前から始まった爆音の原因を突き止めて、他の職員たちはすぐに死んだような目で、それぞれ時間をつぶし始めた。  若い男は興味深そうに、国立の手元をのぞき込む。そうして、四枚の写真を見つけ、時々、この聖霊寮の応接セットに訪れては、高貴な花を咲かせてゆく男を思い浮かべた。 「あの人んとこ、持ってくんすか?」  国立のシルバーリングだらけの指は、灰皿からミニシガリロを取り上げた。厚みのある唇にそれを挟む。 「崇剛には頼れねぇ。やっこさん……ここんとこ出ずっぱりだ。またぶっ倒れんぜ」  どんどん巧妙になる邪神界の手口。そのため、メシア保有者の崇剛でないと、解決できないものが増えてきた。  目には見えないが、常に誰かの死と隣り合わせの事件たち。それなのに、同僚は何もしない。そんな中でも、一人勇猛と立ち向かっている国立。その背中をいつもそばで見てきた若い男は、目をキラキラ輝かせた。 「兄貴、優しいっすね」  やってしまった若いの。兄貴が恥ずかしがる言葉を口にしてしまった。 「袈裟斬(けさぎ)りチョップ!」  後輩のトゲトゲ頭に、国立の手が直角に、スリッパでスパーンと叩くように下された。心霊刑事の胸元で、ふたつのペンダントヘッドがチャラチャラとぶつかり合う。  プロレスの技をまともに食らった男は顔を歪めて、頭を思わず両手で押さえた。 「(いて)ぇっ!」 「チョップは座ってても出来んぜ」  悪戯が成功したみたいな顔で、国立は満足げに微笑み、ため息混じりに言った。 「とりあえず、他の聖霊師あたっか」  兄貴は手に持っていた事件データの紙を、埃だらけの机の上に投げ置く。すると、砂漠を猛スピードで走りこんできて、止まったように(ちり)が舞い上がった。  ひと段落した会話。若い男は両手にひとつずつ持っていた缶コーヒーを、右手のだけをさっと差し出して、 「買ってきたっす!」  受け取ったはずみで、缶にシルバーリングが当たった。カチャンという音が聖霊寮の不浄な空気ににじんだ。いや、まるで何かの試合が始まるように、カーンとゴングが鳴った気がした。  男らし厚い胸板の前へ、缶を持ってきた。出てきた文字が文字なだけに、それを穴があくほど見つめる。視力はごくごく良好である。アラフォー前の三十八歳、国立。それでは、老眼の走りかと言えば、それも今のところ支障なし。  缶コーヒーとキスでもするのかと思うほど、顔の近くに持ってきた。焦点が合わないという、ある意味、文字化けを起こす。そうして、今度は銀河系の一番外側で回る惑星並みに、手を最大限に離して、その文字をグルーグレーの鋭い瞳に映してみた。  だがしかし、一年前と同じように、その文字は変わることはなく。やがて、国立のガサツな声があのセリフをリバイバルさせた。 「オレの目がおかしくなってんのか?」 「おう?」  国立はコーヒーの缶を、若い男へ向かって豪速球で投げつけた。 「てめぇ、また無糖買ってきやがって」  兄貴、久々にドン引きである。キャッチした男は自分の持っている缶とそれを見比べて、すぐさま、 「間違ったす! これは俺んす」  無糖を飲む若造。兄貴は男の胸に手の甲をトンとつけて、 「ガキのくせに、無糖なんかドリンクしやがって」  国立用のカフェラテを手渡しながら、男はにやけ気味に軽くジャブを放ってくる。 「兄貴も、そろそろ卒業したらどうすか?」  今ももれなくご着席中の国立は、口の端でニヤリと笑って、 「うるせぇ! オレは味覚がガキのまんまなんだっつうの! 受けろ、シャイニング ウィザード!」 「おっす!」  若い男は両手をきつく握りしめ、構えの姿勢を取った。だが、兄貴は放置して、片手で缶を開け、シガーケースをジーパンから取り出した。慣れた感じで右手だけでロックを解除。パカッとふたが開くと、 「座ってる状態でできるか! アホ」  茶色の細長な縦線がぎっしりとつまっていて、甘く苦い香りが鼻腔へ滑り込んできた。繊細なミニシガリロを折らないように、ウェスタンスタイルの刑事はすうっと抜き取り、技の解説。 「助走してから、てめぇの足を踏み台にして、オレの膝が入んだろ!」  無理なのである。シャイニング ウィザードは今の兄貴にとって。それなのに、若いのまたボケ倒し。  葉巻をくるっと三百六十度回転させて、ジェットライターでムラなく火で(あぶ)ってゆく。  灼熱色の炎が出来上がると、国立はそれと反対側を口にくわえた。芳醇な煙を吸い込む。肺へ入れず、口腔だけで香りと味を楽しみ、吐き出したと同時に、 「てめぇ、仕事しやがれ。税金、無駄に使ってんじゃねぇよ」 「また、来るっす!」  国家公務員。若い男は缶を握りしめたまま、自分の部署へ全速力で戻っていった。  古い回転椅子をギシギシと軋ませて、男らしく足を組み、国立は葉巻を持つ肘を机の上に気だるく乗せ、「なてうんだ?」独特の略語を使い、 「このバッドなフィーリング。によ、今までのコロシとディファレント」  霊感というハザードに引っかかるのだ。この転落事故は。柔らかい灰がぽろっと机の上に落ちても、鋭いブルーグレーの眼光は、事件資料へ向けられっぱなし。 「どいつが、どいつに殺されてんだ?」  カツンカツンと、太いシルバーリングは鳴らされ、犯人へと近づくように、四枚の写真を順番に叩いてゆく。 「まぁ、ノーマルに考えりゃ、星はこいつだろ」  その中から、唯一男のものを取り上げた。  しょっぴいたというように、机の上に手裏剣のように写真をシュッと投げ置く。古い回転椅子を後ろへ引き、ウェスタンブーツの両足を机の上へ慣れた感じでドカッと乗せた。  見えない世界へと挑むように向けられる鋭い眼光。吸い込んだミニシガリロの煙をともなって、不浄な聖霊寮の空気に、さらに(けが)れをにじませる。 「がよ、常世ってのは複雑怪奇だ。邪さんは足の引っ張り合いっと」  肉体で引き起こされた事件ではない。聖霊寮で扱うものは。数十年の話ではなく。輪廻転生という数千年以上の歳月の中で、繰り返されたいくつもの人生たちが、重い鎖のように絡み合っている。  さらには、邪神界という悪の心を持つ者たちが、ほぼ関わっているといっても過言ではない。肉体は嘘をつくことができるが、魂はイコール、心。本性が無防備に(あら)わになる。心霊刑事、国立は本当の人の闇に数多(あまた)出会ってきた。  もうすぐ幽霊たちの時間が訪れる夜へと移りゆく、夕暮れを眺めた。山積みの事件資料に囲まれながら。 「やっぱ、ダビドフに限んな」  ダビドフはもともと香水会社。他の銘柄より、香り高い。落陽のオレンジ色をバックにして、ウェスタンスタイルで決めている、ガタイのいい男。彼の厚みのある唇から葉巻の青白い煙がゆらゆらと上がる。  黄昏れた男のロマン――  だったが、  ドバーッ!  と両脇に積み上げてあった資料の山で雪崩発生。全然解放されない、一年以上も囚われっぱなしの、忘却と放置という名の塔の崩壊。 「どうやったら、この呪縛から逃れられんだ?」  ドカ雪のような白い紙の山から、ウェスタンブーツを抜き取る。スチールデスクを蹴り飛ばし、国立は口の端でニヤリと笑った。手に持っていた葉巻を散らばった紙の一枚に近づけて、 「燃やすか、こいつでよ。たら、呪いとかれし王子になんだろ」  放火罪を起こそうとしていた心霊刑事はふと手を止めた。 「何言ってんだ? オレ。(しょう)に合わねぇ、王子って……」  自分が口にした単語に、国立は悪寒が走り、スチールデスクをもう一発蹴り飛ばす。  心霊刑事のグルーグレーの鋭い瞳には、夕暮れの空を飛んでゆくカラスが、地味に笑っているようにカーカーという鳴く姿が映り込んでいた。
/5

最初のコメントを投稿しよう!