序章

1/12
85人が本棚に入れています
本棚に追加
/1690

序章

『夜空 星』は小学生4年生である。  赤いランドセルを背負って伏し目がちに廊下を歩いている黒くて長い艶やかな髪、整った顔立ちに紫色の透き通った瞳の女の子。  ただ、周りを行き交う女の子達よりも明らかに秀でている容姿なのに、着ている服は黒でズボンを履いている。  その足取りは重く、教室の前に来て扉に手を掛けた彼女は大きくため息を漏らす。  彼女には深刻な悩みがあった。  それは……。 「うわっ、ノーパン女が来たぞー!」 「今日もどうせパンツ履いてないんだろ? お前確認してこいよ!」 「嫌だよ気持ちわりぃじゃん。それにあいつ、ズボンしか履かないからめくれねぇし。確認すようないじゃん」 「警戒してんだろ? バカじゃねぇの? お前のなんかきたねーから、誰も触らねぇって!」  学校で自分のクラスに入るなり、男子達がゲラゲラ笑いながら私を見ている。 (はぁ~、まただ……もう嫌だなぁ……)  星は心の中で不満を漏らしながら、自分の机にランドセルを下ろした。  もうこんな状態が1年近くも続いている。
/1690

最初のコメントを投稿しよう!