初めてのVRMMO

1/20
84人が本棚に入れています
本棚に追加
/1680

初めてのVRMMO

 目の前の光景が信じられないと言った感じに、星は目を丸くしている。 「ここが……フリーダム?」  そこには、まるで地球と同じような……でも全然違う。もう一つの世界が広がっていたのだ。  天に向かって真っ直ぐと伸びる立派な針葉樹の木々が生い茂る森の中に、数多くの家が立ち並んでいる。  空はどこまでも青く、真っ白な雲がゆっくりとその中を進んでいた。  それはとてもゲーム世界の中とは思えない。まるで現実と大差ないほどのクオリティーの光景だった――。 「うわぁ~。すご~い!」  星は嬉しさのあまり思わず外に向かって駆け出す。  広くどこまでも広がる空を見上げ。駆けていた星は突然、何か硬いものとぶつかって勢い良く弾かれる。 「……いたっ!」  尻もちをついた星の前には、銀色の鎧を着た目つきの鋭い男が立っていた。 「なんだ! 誰だ? この俺様に喧嘩を売るバカは!!」  片手には弓を持ち、耳が異様に長い。ということは……おそらく。その容姿から見るに、この男はエルフなのだろう。  その男の怒りの篭った視線は、尻もちをついていた星に向く。  星は恐る恐るその男の顔を見上げる。 「ご、ごめんなさい……」  星は震えた声で謝ると、慌てて頭を下げた。  男はそんな星を見下しながら、不機嫌そうな顔をしている。 「ふん! 初心者? しかもガキか……?」  次の瞬間。男は徐ろに背中の矢筒から矢を抜いたかと思うと、目にも留まらぬ早さで地面に座っている星を目掛けて矢を放った。 「……ひっ!?」  高速で放たれた矢が足元の地面突き刺さり、少し遅れて星が小さく悲鳴を上げる。恐怖からか、体の震えが止まらず。星は男の顔を直視することが出来ない。 「――このゲームがPK禁止で良かったな……もし。PK出来るゲームなら、お前の頭を射抜いているところだったぞ? クソガキ」  男は苛立ちを抑えながら、そう吐き捨てるとさらに鋭く睨んだ。  【PK】とは『プレイヤーキル』の略で、プレイヤーを攻撃して金品を奪う行為を行うことが出来るシステムの略称だ。  このゲームで財産は、出来る限り本人の意思なく他人に奪われない仕様になっている。
/1680

最初のコメントを投稿しよう!