家出

1/27
85人が本棚に入れています
本棚に追加
/1686

家出

 次に目が覚めた時には、星はベッドの上にいた。  ぼんやりと薄暗い天井を見上げ、意識がはっきりしてくるのと同時に、男達に襲われた時の記憶も鮮明になっていく。 「そうか……私……」  城を出る前までは、必ず何らかの情報を集めてみせると息巻いていた星だったが、結果としてこのような形になってしまったことで、星の心はエミルへの後ろめたい気持ちでいっぱいだった。 (エミルさんにまた迷惑かけちゃったな……)  心の中でエミルに申し訳ないという罪悪感から、星の瞳からは涙が溢れてくる。  役に立とうとした行動が結果として裏目に出てしまったのが、星にとって相当悔しかったのだろう。  しかも、知らない男の口車に乗せられ、まんまと誘い出された自分の考えの甘さや、何も出来なかった無力さが堪らなく許せなかった。 「――うっ……ひぐっ……私って、ほんとにだめだめ……」  エミルにどうして良いのか分からなず、自己嫌悪に陥っていた。 『足を引っ張るばかりの自分に嫌気が差しているのではないか?』そう考えると、ただただ自分の無力さが悔しくて涙が止まらなかった。  星は布団に顔を隠して泣いていると、ドアをノックする音が聞こえてきた。 「星ちゃん。もう起きてる?」  ドア越しから聞こえるいつもと変わらない優しい声も、今の星には重く感じる。 (あ、いけない。こんなところを見られたら……また迷惑かけちゃう!)  星はそう思い。咄嗟にあふれ出す涙を袖で拭うと、あたふたと慌てて布団の中に潜り込んだ。  エミルは扉をそーっと開け、部屋の中に入ってくる。 「あら? 布団が……」  さっきまでと布団の様子が違うことに気が付いたエミルが、ゆっくりとベッドの方に歩いてくる。 (こっちにくるよ……ど、どうしよう……)  星の心臓の鼓動がドクンドクンと大きくなるに連れて、消えてなくなりたいという思いが強くなる。だが、総都合よく消えることなど出来はしない。  とりあえず、瞳を閉じると狸寝入りを試みる。しかし、そんな子供の考えたその場しのぎの作戦が通じるはずもない。
/1686

最初のコメントを投稿しよう!