塩を求めて

1/10
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/71ページ

塩を求めて

 家畜をソーセージにするには多くの塩が必要だ。その事を思い出しながら、僕は兵士の持つ革袋を眺めた。受け取れば、王国の徴用の片棒を担ぐことになる。  返事をしようとしたが声が出ない。身体、いや良心が抵抗しているのだろう。  風が吹き、木々がざわついた。 『引き受けましょう』  心臓が音を立て、体全身が火照っていた。まるで湯船に浸かった後のようだ。兵士たちもまた険しい顔をしたまま頷いた。 「では前金だ…」  僕は差し出された金貨を受け取った。これでもう引き返すことは出来ない。兵士たちと受け取り場所を打ち合わせると、小屋へと戻った。  小屋の中ではキコが桶に入ったビールを樽に移し終え、一つ一つに蓋をしていた。 『ありがとう、やっておいてくれたんだね』 「どういたしまして。それよりも…何かあったのですか?」  兵士に告げられたことを説明すると、キコは心配そうに言った。 「それで住民たちが納得するとも思えませんね」 『まあ、村に今いるのは女性とか子供ばかりだから…』 「引き受けるのですか?」 『下手に逆らうと、僕も徴用の対象になってしまうからね』     
/71ページ

最初のコメントを投稿しよう!