小さな記憶

1/1
35人が本棚に入れています
本棚に追加
/17ページ

小さな記憶

 心の綺麗な子供のところに、ブラウニーは現れます。  ブラウニーはとっても働き者の妖精さん。あなたの為にお仕事をして、ほんの少しだけ幸せを分けてくれます。  もし、ブラウニーと出会ったら、さりげなく彼に感謝しましょう。間違っても彼とお友達になろうとしてはいけません。  あんまりブラウニーと仲良くなろうとすると、彼は怒ってどこかにいなくなってしまうでしょう。  ブラウニーは、そんな気まぐれな妖精さん。  いつだったか、お布団の中で聞いた母の昔話。特に印象が強かった訳ではないけれど、何故か私の記憶の片隅に、そのお話はずっと残っていた。いつかその記憶が必要になる事を、私自身が分かっていたかの様に。
/17ページ

最初のコメントを投稿しよう!