第1章  

1/34
173人が本棚に入れています
本棚に追加
/223ページ

第1章  

「……え、解雇……ですか……? 今日……ですか……でも、……あの……」 「ホンマに申し訳ない、もうやって行かれへんのや……」 陽奈は呆然となった。 朝一番に内線で呼び出された時から嫌な予感がしていた。電話で呼び出されることなど、今まで一度もなかったから…… 事務所のアルミ製の扉を開けると、社長が暗い顔で陽奈を待っていた。疲れた顔でパイプイスに座っている。陽奈の胸に不安で焦げ付くような痛みが走った。 「三上さん、ほんまにすまん。長い間、真面目に働いてくれて本当に有難うございます。わしが至らんばかりにこんな事になってしもうて、誠に申し訳ないと思っています」 いつも、「陽奈ちゃん」と親しげに呼ばれていたのに…… 改まって苗字で呼ばれると、クビになるのは避けられないのだと痛感する。住み込みで働いていたので、今夜から寝るところにも困るのだ。 陽奈には帰る家も、慰めてくれる家族も無いからだ…… (社長も事情を知ってるはずなのに……急に辞めてくれだなんて……) 目の前が真っ暗になった。陽奈は、すがるような気持ちで、 「……あの、もう少し、ここに置いていただくことは出来ませんか?」 言葉とともに涙が溢れてきた。後から後からこぼれてきて止まらない。社長は泣き止まない陽奈を見かねたのか、いつもの砕けた口調で言った。 「陽奈ちゃん。ごめんやで。あんたには、最後の最後まで居てほしいと思てたんや。せやけど、こんなことになってしもて……」 社長も泣いていた。
/223ページ

最初のコメントを投稿しよう!