第16話:国家機密クエスト

1/7
1400人が本棚に入れています
本棚に追加
/192

第16話:国家機密クエスト

「【天武会】がまだ行われているのですか? 国同士の威信を争うというのはどういうことですか?」  オレは話を掴めないでいた。何十年前に終わったと思われていた行事がまだ続いているということからイメージが沸かない。 「国家間の争いが条約で禁止になっていますから、そのガス抜きと面子争いみたいなものです。俗なことだと笑っていただいても構いません」  ふむ、ガス抜きかぁ。まぁ、国同士が喧嘩するわけにはいかないもんな。 「ただし、無視できないのは優勝国の特典です。【天武会】で優勝した国は11ヶ月の間、負けた国のパーティーの有能な人材を、一人だけ自国の兵士として加えることができます。まぁ、余裕がある国にとっては留学みたいなお遊びですが……」   「そんなー、誰か一人を取られるなんてボクだったら耐えられないよー」  アリシアが口を尖らせた。オレもそう思う。 「しかし、今のパルナコルタにとっては死活問題なんですよ。なぜなら陛下はまだお若い。そのせいで、最近はならず者達が多く入国している。先日の業魔盗賊団みたいな連中です。だからこそ優勝すれば、強力な人材を借りることが出来て治安を完全に回復できるはずなのです」     
/192

最初のコメントを投稿しよう!