第4話:結果発表

1/7
1389人が本棚に入れています
本棚に追加
/192

第4話:結果発表

 ゴッドドラゴンを一刀両断した私の心臓はバクバクして止まらなかった。  ――あんな大きくて強い怪物を……、この手で真っ二つに……。 『なんだ、なんだぁ? ブルッちまったのか? まっ無理もねぇかオメーは今までモンスターを殺ったことねぇんだもんな。ほらっ、オレが手を貸したとはいえ、好きな女を守れたんだ。胸を張れ! オメーは男としての責任を果たしたんだよ! んじゃ、オレぁ暫く寝てるぜぇ。どうやらそんなに長い間憑依しっぱなしには出来ねぇみてぇだかんな』    ライデンはそれだけ言うと大人しくなった。  なるほど、霊が連続して憑依できる時間はあまり長くないらしい。  【黙れ】と命令したとはいえ、魔王の霊が大人しいのもそのせいなのか……。 「アイル……、なのよね?」    フィリアが私に近づいてきた。 「フィリアさん、怪我はないかい? あの、私はさっき――」   「――あっありがとう! あたし、絶対に死んだって思ったわ。でも、あなたが目の前で凄い力を出して……。本当にびっくりしたわ……。あんなに驚いたのは初めて……。ふふっ冷静沈着なのが、あたしの取り柄なのにね」    フィリアはクスリと笑いながら私の手を握った。     
/192

最初のコメントを投稿しよう!