第13話:初めてのクエストクリア

1/6
1399人が本棚に入れています
本棚に追加
/192

第13話:初めてのクエストクリア

「あの中にアンラッキーブレイドがあるんだねー」 「でも、呪われし聖剣ってことは、呪われてることは間違いないから触りたくないわね」    アリシアとフィリアは宝箱の前でそんなことを話していた。 『確かに、この装飾には呪いを封じる術が組み込まれていますねぇ。持ち帰るのは中々大変だと思いますよ。宝箱ごと持って帰るのも手ですが、どちらにしても骨が折れるでしょうねぇ』  (ライト)は宝箱の装飾を見て不吉なことを呟いた。  いや、名前を聞いたときから嫌な予感はしてたけどね。 「宝箱ごと持って帰るなんて不恰好だわぁ。じゃあ、誰が開けるかジャンケンで決めましょう」  ミランダの提案にフィリアとアリシアは頷いた。  えっ、私は宝箱ごと持って帰るのもいいと思ったけど……。 「「「ジャンケン」」」  負けたのは(ライト)だった。 『いやはや、仕方ないですねぇ。それでは、僕が開けましょう。……おやっ、アイルくん申し訳ありません。時間切れのようです』    宝箱が開いて、刀身が黒っぽくなっている剣を握った瞬間、ライトの霊は私の心の奥に行ってしまった。 【私立探偵、ライトの霊を手に入れた】     
/192

最初のコメントを投稿しよう!