縁側で

12/13
28人が本棚に入れています
本棚に追加
/13
「 これは何ですか?」 「 けぬきじゃよ。今日からこれを使いなさい。」 ( おおー、すごいお道具。) 左の指で掴んだ白髪を右手で持った毛抜きで抜く。簡単に出来る。 指で抜くのと全然違う。 素晴らしい道具だと思った。 いともカンタンにすいすい抜ける。ものすごい勢いで抜ける。 あっと言う間に100本抜いた。 「今日から100本100円にしよう。」 毎日100本抜いたら、おじいちゃんの頭はハゲてしまうと思った。 初めて100円玉を貰い、手に握りしめて道路に出るとお母さんが怖い顔をして腰に手を当てて立っていた。 「それは何ね。」 大きな声で怒鳴る。 「100円玉だよ。」 「なんでアンタが100円持ってるのよ。渡しなさい。」 いつものように怒鳴って、私の手から奪い取った。 「おじいちゃんから貰いました。」 「うそつき。一度もくれたことないのに!」 (何度も50円貰ってるのに。) お母さんはキーっとなると何を言っても駄目だ。 説明するのもばかばかしい。 どうせ死ぬほど叩かれるだけだ。
/13

最初のコメントを投稿しよう!