意地悪しないで

1/16
77人が本棚に入れています
本棚に追加
/16ページ

意地悪しないで

「今日、他の女子と遊ぶから、お前との予定はナシで」 「えっ……」 幼なじみの口から放たれる、突き放しの言葉。 声も冷たく、心に刺さる。 私の幼なじみである(あきら)はいつも、意地悪だ。 それも、私にだけ。 「坂梨(さかなし)さん、ごめんねぇ。 ダメ元で誘ってみたら、オッケーしてくれたの」 晃の腕に絡みつく、一人の女の子。 違うクラスの子で、私なんかよりもずっとスタイルも良くて綺麗な人。 「幼なじみのこいつと遊ぶより、君と遊ぶ方が何倍も楽しいからね」 晃は、私以外の女の子には優しい。 まるで、私に見せつけるかのように。
/16ページ

最初のコメントを投稿しよう!