5 初めての村
全5/11エピソード・連載中
21/134

5 初めての村

━カン!カン!カン!━ オレたちが村らしき集落に向かって歩いていると、まだ距離があるその目的地から鐘らしき音が聞こえる。 「なんか遠くの方から鐘の音聞こえるけど、あれって時間かな? オレの感覚的には3時くらいやと思うんやけど」 「そうだね、私もそう思う。 ねぇ、お腹も減ってるし、あそこに着いたらお昼ごはん食べようよ! あ! でも、私たちお金を持ってないんだった…。 お兄ちゃん、どうしよう…?」 「そういや、そうやったなぁ…。 う~ん…。 そこは…ローズ先生…、なんとかなりませんか?」 「何の問題もございません、ご主人様。 あと、先生と呼ぶのは止めて下さい」 「ごめん、ごめん。 でも、何の問題もないってどういう事? めっちゃ問題ありありな気がすんねんけど…」 「そうでしょうか? 失礼ながら、私はお金など必要ないと考えております」 「そうなん? 言ってる意味がよくわからんけど、ローズがそう言うんなら、そうなんやろうな…」 まだ数時間しか共に行動していないローズをオレはなぜか信用しきっている。 まぁ、たった数時間であれだけの凄い能力を見せつけられれば、そうなるわな。 しかも全く知らん世界やし…。 って、よう考えたら、ここって夢の中の世界やんな…。 でも、あのクマに遭遇した時の感覚とかリアル過ぎるし、今も蓄積されてる疲労感とか、なんか夢とは思えんな…。 てか…。 これってマジで異世界?!
21/134

最初のコメントを投稿しよう!