3 装備品

1/3
1956人が本棚に入れています
本棚に追加
/629ページ

3 装備品

部屋のドアを開けるとそこは外であった。 謎の人物からの自称説明書にもあったように、ここは何かの建物の一室ではなく、ひとつの小屋のようだ。 森の中にあるログハウスといった感じだろうか。 非常に天候も良く、小屋の前には綺麗な湖があり、ピクニックをするのであれば、絶好の日和であり、絶好のポイントであろう。 「よう! やっと目が覚めたかい、兄ちゃん」 爽やかな気分を味わいかけていたその時、どこからともなく野太い声がオレに語りかけてきた。 「こっちだ、兄ちゃん」 声がする方に目をやると、一本の剣がオレの頭上よりも高い位置に浮いていた。 この時、オレは確信した。 これは完全に夢であると。 「あ~、どうも。 なんか剣がこの小屋の外にあるって書いてたんで、見に来たんですけど…。 あなたの事でいいんですかねぇ?」 「まぁ、そうだろうな。 剣っていやぁ、ここには俺様しかいないからな」 「いやぁ、まさか剣が会話できるなんて思ってもいませんでしたから、ビックリしましたよ。 色々と聞きたいことがあるんですけど、ちょっといいですか?」 「構わなねぇぜ。 …ああ、悪りぃ悪りぃ。 外じゃなんだし、小屋の中でゆっくり話そうぜ」 剣はそう言うと、空中から落下して、オレの目の前の地面に突き刺さった。 要は小屋の中に剣を持っていけ、という事か? とりあえず、オレはその剣の柄を握り、小屋の中に戻ることにした。
/629ページ

最初のコメントを投稿しよう!