4 旅立ち

1/13
1306人が本棚に入れています
本棚に追加
/318

4 旅立ち

「すごく良い天気! わぁ! ねぇ、見て見て! すごく綺麗な湖があるよ、お兄ちゃん!」 爽やかな風景の中で、無邪気にはしゃぐ可憐な妹…ここは天国か? …まぁ、天国じゃなくて、夢の中での異世界なんやけどな。 「ご主人様、妹君に見とれるのは構いませんが、これからどうなさるおつもりですか?」 「今日はここでバーベキュー! …とかダメですよね?」 「俺様は構わないぜ! って言っても、今の俺様は腹いっぱいだから、何も食わねぇけどな」 剣は空中をブンブン飛び回りながら、オレにそう語る。 ちゅうか、剣やのに、腹いっぱいって…。 こいつ、食べもんいるんか? って、それ言い出したら何で喋ってんねんって話か…。 さすが、夢の中やな。 それにしても、こいつ剣やのに、鞘に収まる気無いんやろうか? てか、そもそも鞘持ってへんねんけどな、オレ。 てことは、もしモンスターに遭遇したら、勝手にやっつけてくれるとかいうオチ? 「ご主人様、二つ申し上げたい事がございますが、よろしいでしょうか?」 「えっと、なんでしょうか?」 「まず、それです。 あなた様は我々の主人なのですから、そのような敬語はおやめ下さい」 「えっと…、あぁ、そうなん…。 わかった」 「それと、もう一点ございます。 ここでバーベキューをするという行為に関しては何の問題もないのですが、この小屋には食料が一切ございません。」 「えっ? マジで言ってる?」
/318

最初のコメントを投稿しよう!