第5話 マフィアのボス ダビシェ

1/5
44人が本棚に入れています
本棚に追加
/176

第5話 マフィアのボス ダビシェ

ソウは1人で街を歩いていた。 砂埃が舞い、人が少ない通りをただ歩く。 スラムの外れだ。 その道には、たくさんゴミが()み上げられている。 砂埃をものともせず、そこで多くの人がゴミを(あさ)っていた。 ここの者たちは、ゴミを外から集めてきて、それを分類し、リサイクル業者に売る。 そこで生計を立てている。 その者らの子供だろうか? 裸の子供が3人が、ゴミ山の近くで用を足している。 この一帯のスラム街には、トイレが数えるほどしかない(自分で所有している者を除いて)。 ほとんどの人間は奥の森へ行って、トイレを済ます。 夜の森に行くと、強姦や誘拐の可能性があるので、スラムに住む者たちの多くがもっとトイレを増やして欲しいと、国へ言うのだそうだ。 ソウは、それらを見ながら思う。 ……あのノリとかいう奴のおかげで、こういう生活からは抜け出せた。 でも、スラムに住んでいる限り、俺もこいつらと同じなんだよな……。 ソウは、ノリとラドが捜していた人間だった。 売春宿を燃やした事件後に、ノリはソウに話をした。 ノリは、師であった西条紅雄(さいじょうべにお)の家族に会いに、ネパールからインド、ニューデリーにやってきたと言う。     
/176

最初のコメントを投稿しよう!