第2話 切られても慕う

1/8
44人が本棚に入れています
本棚に追加
/176

第2話 切られても慕う

レットは店内に残ったノリという日本人に声をかけた。 だが、ヒンディー語がわからないようで困った顔をしている。 その表情はまるで幼い少女のようだ。 「え~あ~、あんたの連れ大丈夫か?」 しょうがなく日本語で話しかけるレット。 ノリは驚いた顔をして言葉を返す。 「日本語がわかるんですか?」 「あぁ、わけぇ頃に覚えたんだよ。それよりあのラドって小僧……」 「ラドくんなら大丈夫だと思います。ちょっと心配ですけど、彼強いですから。心配してくれてありがとうございます」 ノリはそういうとレットに、両手の手の平を合わせて頭を下げた。 ゆっくりと上品としたその仕草は、先ほど少女のような表情を見せたものとは違い、洗練された老紳士のようだった。 そしてノリは、2人分のコカコーラを注文する。 レットは思う。 ……日本人は年齢がわかりづらいが、こいつはまた性別までわかりづらいな。 ゆったりした服のせいか、体型が見えないのも女っぽい。 冷蔵庫からコーラのビンを2つ出し、蓋を開けてノリへ差し出すレット。 「あんた、格好からして修行僧(モンク)かい?」     
/176

最初のコメントを投稿しよう!