二話 縋る子2

1/2
2人が本棚に入れています
本棚に追加
/9

二話 縋る子2

「……ここか。」 手に持っていたスマホでマップを 開き、もう一度確認する。 間違いなくここだ。 確認すると、俺はスマホをポケットに しまい、その家のドアの横についた インターホンを鳴らした。 「はい……。」 中からこの家の母親らしき人が 出てくる。 「すみません、姫路さんのお宅で 間違いないしょうか?」 「え、えぇ。それよりあなたは……?」 「申し遅れました、霊媒師を生業と してます、影山駆といいます。 先日、姫路真美さんから依頼が 届いたのですが。」 「霊媒師ってあなたまだ未成年じゃ ないんですか?」 「はい、今高校生です。」 彼女は俺をまじまじと見て、信じて なさそうな顔を浮かべる。 「お母さん? どうしたの?」 家の奥から女性の声が聞こえる。 「真美、この人あなたが呼んだの?」 「も、もしかしてあなたが駆さ ん…!?」 「この度はどうも。あなたの霊を 除霊しに参りました。」 季節は冬、ほとんどの家庭には こたつがあり、皆がぬくぬく過ごして いる頃だろう。 この家にもこたつがあった。 そのこたつを挟むように俺の座る 反対側に依頼主とその両親が座った。 「それで君が真美の呼んだ霊媒師 の……駆君だっけ?」 依頼主の隣に、まるで娘が家に男を 連れてきた時のような態度で 彼女の父は聞いてきた。 「はい、そうです。」 俺は営業スマイルで答える。 すると彼ははぁ……とため息をついた。 「真美……夏休みからのお前は どうかしている……。 父さんや母さんには何も話さないで いきなりこんな人を呼んで。」 彼女は呆れる父の声をただうつむいて 受け流すだけだった。 「失礼ですが……お父さん、 真美さんの霊媒師に助けを求めた 判断は正しかったと思います。」 俺の言葉に彼女はようやく顔を 上げる。 一方父はお父さん呼ばわりされたこと と、娘を援護した事に腹が立ち 「い、インチキ霊媒師が勝手な 事を言うな!」 と声を腹立てた。 「娘に適当な言葉をかけて 騙したあげく、ノコノコとこの家にま でやってきて」 「お父さん! もうやめて!」
/9

最初のコメントを投稿しよう!