四章 技術の問い

1/16
10人が本棚に入れています
本棚に追加
/130

四章 技術の問い

俺は居酒屋の前に立っていた。 隣には忍がいる。 忍の提案で会社の近くの居酒屋に来た。 扉にはのれんがかかっており、チェーン店の名前が書かれている。 俺はあまりお酒を飲めないが、つきあいなら喜んで飲む。 忍との飲み会は研修以来だ。 俺は研修以来に溜まったことを忍と共有したいと思った。 忍は扉を開けた。 中は全員サラリーマンじゃないかというぐらい、スーツ姿の客で混み合っていた。 「お客様、二名様?」 厨房から声を掛けられる。 店主だろうか? 「はい。二人分、空いていますか?」忍が返事した。 「今ちょうど、会計が終わって二名様の席が空きます」 俺たちは店の奥へと入った。 忍がテーブルの奥に、俺はテーブルの手前に座る。 ウェイターに注文を聞かれ、生ビールを頼んだ。 忍は何か話したいことがあるのだろうか? 何かに悩んでいるという感じではない。 会社のことを気軽に共有したいというところだろうか。 忍がおしぼりで手を拭く。 「篤海くん。昨日今日とどうだった?」忍が聞いた。 忍は昨日今日とどうだったのだろう? 俺は色々なことがジェットコースターのように過ぎ去って、正直一つ一つのことを吟味する余裕は無い。 一番記憶に残っているのは、俺に弱点があるということだ。 俺に弱点があること以外は、全て俺の弱点の上に立ち並ぶことだ。 「俺は昨日今日と皆についていくのがやっとだった。忍は?」俺は忍に聞いた。 忍はウェイターから生ビールを二つ受け取った。 一つを俺に渡してくれた。
/130

最初のコメントを投稿しよう!