0度目

1/7
195人が本棚に入れています
本棚に追加
/152ページ

0度目

「もしもし。大丈夫ですか?ご気分でも悪いのですか?」  そう言われてわたしは、ハッとなった。  目の前には、やせ形の男が椅子に座ってこちらを見ている。白いコートみたいなのを着ている。  この人は、一体誰だろう? 「あれ…私…」 「驚きましたよ。先程まで普通でしたのに、問診票に目を通して振り返ったら意識を失っているんですから。」  白いコートの男は心配そうな顔でこちらを見ている。スラッとした顔立ちで、眼鏡の奥にはきりりとした目付きをしていて、いかにも健康的な感じがした。  ここは、どこ?  私は、周囲を見渡してみた。白い壁。明るすぎる照明。平らで冷たそうなベッド。よく分からない機械や棚にところ狭しと並んでいる分厚い本… 「どうしました、そんなにキョロキョロして。落ち着かないお気持ちは良く分かりますが、そんなに心配しなくても大丈夫ですよ。」 「あの、ここはどこですか?あなたは、誰…」  目の前の男は、目をぱちくりさせた後、爽やかな顔立ちで苦笑いした。 「一体先程からどうされたんですか。ここはどこかって、今さっきあなたから当院に来られたばかりではないですか。」     
/152ページ

最初のコメントを投稿しよう!